弁護士相談のメリット

後遺症が残るような事故の場合、関係する慰謝料の金額も大きくなり、示談も難航することが考えられます。そのような場合にプロである保険会社の担当者相手に、ただでさえ事故後でバタバタしている自分が示談を進めていくのは大変なことです。交通事故にあった時は弁護士に代理を依頼することで、相手方との交渉という最もストレスのかかる仕事を任せることができるのは大きなメリットです。

後遺症の認定や、後遺障害慰謝料の請求など煩雑な手続きも弁護士に任せることができるので、事故の後遺症が残るほど大きな事故の場合はもちろんですが、もう少し小さな交通事故だとしても基本的に相談できる弁護士さんを見つけておくのは助けになりますし安心感を抱くことができます。

保険会社の弁護士特約に入ることによっていざというときの弁護士費用を抑えるようにしている人も多くいらっしゃいます。この弁護士特約というオプションの内容は保険会社によって違いますが、なかには家族もその保険の対象になるものもありますので、一度自分が契約している保険会社に問い合わせて、その会社の弁護士特約の内容を確認してみてはいかがでしょうか。重大事故のときほど弁護士に相談するメリットは大きくなるのでいざという時のために備えておきましょう。